大阪キャンプ 4日目

4日間のトレーニングを通して、子どもが変わっていくさまには毎回本当に感心させられます。お互いに初めはおとなしかった子ども達が、サッカー、そしてレアル・マドリード、コーチ、日本人スタッフとの交流を通して、4日間という限られた時間の中で、大人に向かって成長していることが実感できます。

トレーニングは、コーチが一人一人と恒例のハイタッチで終えることになります。

ハイタッチが終わると、各自が荷物をとって解散となります。

ハビエルコーチとビクトルコーチの素晴らしいのは、こうして解散したあとも、忘れ物がないかを確認してから、選手たちがグランドからちゃんと怪我もなくでていくことを確認しながら最後に戻ってくるところです。

島根、茨城とまだまだ暑い日々がつづくなか、キャンプは続きますが、みなさんにお会いできることを楽しみに、暑さを乗り切っていく覚悟です。島根、茨城のみなさん、楽しみにお待ちください!次は、8月19日より島根県松江市での開催です。